So-net無料ブログ作成
検索選択

Nike+標準搭載 & Adobe RGBカバー率100% [今日の出来事]

ようやく週末。

目標達成した先週に対して、今週は2.5dayの達成率。
通常勤務が普通にできるようになるのはいつ頃なんだろう?
またもや、「2歩進んで1歩下がる(一応前進)」であった。
まだまだ辛抱、辛抱。

大した労働は出来なかったけれど、ガジェットの情報収集は着々と。
今週はなんといってもAppleのNew iPodのリリースと、そしてVAIOのNewモデルの発表がありました。

iPodの方は、リリース前からどんな新機能、デザインになるのか注目してました。
(いろいろ事前に情報流出してたしね。)
Newデザインは賛否両論あると思うけれど、iPod TouchがNike+を標準搭載になっていたのは私的にはポイント高し。
Nike+のシューズとセンサーがあれば(←私のウォーキングのお伴)、iPod touchにアダプターを付けなくてもそのまま使用できるようになるじゃないか♪ これで、端子がフリーになるから追加でアクセサリーが付けられる♪♪(たとえば、Bluetoothのヘッドセットとかさ)

これに、GPS搭載だったら私好みのガジェットですねぇ。
そうしたら、iPhoneは完全に視野から外れると思う。

で、何も期待してなかったのに、「おぉぉ」と思ったのはVAIOの秋モデル。
一応写真を趣味として始めると、それが一眼レフだとハイスペックなPCが欲しくなってくる。
ハイスペックなCPUとかグラフィックじゃなくって、液晶モニターが欲しくなるのだ。(←マニアじゃないよ。)
ここ1年ぐらい、民生用で写真データ(色再現性)を正確に表示できる液晶モニターを待ち望んでいた。

デジカメの写真の正確な色を確認するのってほんと難しい。
デジカメのモニターでみるのと、印刷するの、もしくはテレビで映しても色が違う。
たとえば桜の写真でも、ピンクの表現は全く違ってくる。
デジタルカメラの写真はいろんな楽しみ方があるのがメリットだけど、この色再現性の違いはそれがすっごく気になっていたのだ。

VAIOの秋モデルは、ななんと「フォトエディション」というコンセプトで登場!
この『VAIO type A フォトエディション』と『VAIO type R フォトエディション』には心動かされました。
なんと、待望していたデジタルカメラで記録した色をできるだけ忠実に再現できるマシンなのだぁ。
Adobe RGBの色域を100%カバー(『type A』の場合。『type R』は96%カバー)する広色域タイプだそうなのだ!
しかも、、専用プロファイルによるカラーマネジメントにも対応したり、写真データを川下から川上まで考えられたソフト、機能を搭載してる♪

もちろん、買ったりはしないけどさ。だって、VAIO買ったばっかりだし。
でも、これいいじゃん!
2,3年後には、こういうモデルを我が家に迎えたいものです。

こういう情報には心癒されます \(^-^)/
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る